施工例

長野県駒ケ根市 駒ケ根駅前広場

納入事例

駒ヶ根市は、長野県の南部・伊那谷のほぼ中央に位置し、
西に中央アルプス、東に南アルプスに囲まれた絶景を望むまちです。

JR東海 飯田線の駒ヶ根駅は、交通結節点としての機能向上と利用者の利便性 ・ 安全性向上のため、
駒ヶ根駅前広場整備工事をすすめており、この工事の一環としてソーラー灯、道路照明灯を採用頂きました。
 
 

避難標識付きLEDソーラー灯

駒ヶ根駅前広場は指定緊急避難場所に指定されています。

災害発生時の停電を想定し、地域住民が迅速かつ円滑にこの広場に避難する手助けとして、
遠くからでも識別ができる避難標識付きで、電源不要なLEDソーラー灯を設置。

避難標識は他の看板と同じく山の緑をイメージしたデザインに統一し、
暗闇でも電気を使わず光を放つ高輝度蓄光式パネルを採用。

JIS規格 JIS Z8210-6.1.4を遵守したピクトグラム(イラスト)で、
誰が見ても分かりやすい避難標識(看板)を製作しました。

 
 

納入器具

特注 避難標識付きLEDソーラー街路灯

 
 

この記事に関連した事例をみる


長野県駒ケ根市 駒ケ根駅前広場 道路照明灯
 

長野県駒ケ根市 駒ケ根駅前広場 ソーラー灯
 
 

 この記事と類似の事例をみる

お問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ

  • 本社(代表)

    (052)681-2181

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせはこちら

    本社(代表)

    (052)681-2181

    お問い合わせフォーム

    MENU