施工例

長野県駒ケ根市 駒ケ根駅前広場

納入事例

駒ヶ根市は、長野県の南部・伊那谷のほぼ中央に位置し、
西に中央アルプス、東に南アルプスに囲まれた絶景を望むまちです。

JR東海 飯田線の駒ヶ根駅は、交通結節点としての機能向上と利用者の利便性 ・ 安全性向上のため、
駒ヶ根駅前広場整備工事をすすめており、この工事の一環としてソーラー灯、道路照明灯を採用頂きました。

 

ソーラー照明灯(太陽光パネル付き照明)

市の木である赤松(アカマツ)を使ったシェルター(ひさし)との調和を図るため、ソーラー照明灯に木目調パネルをつけて外観デザインを統一。

金属製でシャープな印象のソーラー照明灯も、赤松をイメージした特殊な樹脂パネルを貼り付けることで、ぬくもりのある心地良い空間を演出。



 

納入器具

特注LEDソーラー街路灯

 

この記事に関連した事例をみる


長野県駒ケ根市 駒ケ根駅前広場

 

 この記事と類似の事例をみる

お問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ

  • 本社(代表)

    (052)681-2181

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせはこちら

    本社(代表)

    (052)681-2181

    お問い合わせフォーム

    MENU