新着記事

IoTネットワーク化された「スマート街路灯(スマートポール)」発売のお知らせ
 
2021.12.15

日本街路灯製造株式会社は、「スマート街路灯」を2021年12月より発売開始いたしました。

近年、スマートシティと呼ばれる交通、商業、オフィス、医療、エネルギー、行政など、あらゆる都市機能をDX化する都市づくり構想が世界各地で進んでいます。

市民のニーズの多様化に伴い、都市づくりやまちづくりにおける自治体の抱える課題はさまざまです。当社はそれぞれの自治体のニーズに合った価値を提供するため、スペックや外観デザインを各自治体仕様にカスタマイズできるIoTネットワーク化した「スマート街路灯」を発売します。

 

東京都新宿区 西新宿 都庁 スマート街路灯

必要とされる機能や環境条件によってスマート街路灯に搭載される機器は異なります。これまで公共施設や商店街向けに多様なオリジナルデザインの街路灯を製造してきたノウハウをもとにして、カメラやサイネージ、エッジデバイス、センサー、LTEや5Gなどの通信機器を設置できるポールの設計製造が可能です。

本製品は、当社の従来の多機能街路灯のように本体にカメラ・センサーなどの制御機器を後付けしたものではなく、本体に制御機器を搭載することで、LED照明灯はもちろんのこと制御機器の操作をクラウドで一元管理できる新しいタイプの街路灯です。スマート街路灯を一元管理することで運用負荷が軽減され効率化につながります。また、故障や不点灯も自動検知するので安全の確保、保守作業がスピードアップして省力化も図れます。

さらに、専用サービスを提供する他のIT企業様との連携により、カメラを通じて、通行者の人数・年齢・性別などをAIが解析し、通行者に合わせた効果的な情報や広告などをデジタルサイネージ(電子看板)やスピーカーから発信することも可能です。この人流データを活用することで防災やまちづくり、観光などのさまざまな分野で地域課題の解決へつながります。

当社は、多様化するお客様のニーズに応える屋外照明灯を提供することで、まちづくりに携わる方々を支援し、まちに調和する魅力あるあかりの景観を創出します。

 

【 カスタマイズの種類 】
外観デザイン/調光/エッジデバイス/通信機器(5G、LTEなど)
カメラ/デジタルサイネージ/各種センサー/スピーカー

 

【 活用例 】
◆運用管理の効率化と省エネ化

IoTネットワーク化した街路灯なので季節や時間に合わせて照度を2段階で調節できます。
また、昼間にも関わらず点灯している、もしくは夜間不点灯の異常状態の確認ができ、運用管理の効率化と使用電力の削減につながります。

 

◆河川監視で水害から住民を守る

河川付近へ設置した水位センサーやカメラの映像をスマート街路灯のネットワークを通じてクラウドシステムに送信します。管理者がスマート街路灯のサイネージやスピーカーを通じて警告・避難誘導を行うことで住民の安全確保に役立てられます。
また、近隣住民のパソコンやスマートフォンにインターネットを通じて河川カメラの映像をライブ配信することもできます。

 

【 製品情報 】
製品名:スマート街路灯
定 価:オープン
特設サイト:https://note.com/gairoto/m/m1f0121be8751

 

【 スマート街路灯に関する問い合わせ 】
◆東京支店 新規事業開発部 (関東、東北地方、北海道)
TEL: 03-3471-6842
◆直販営業部(中部、北陸地方)
TEL: 0562-91-5611
◆大阪支店 (関西、中国地方、四国地方、九州地方)
TEL: 06-6632-3934

 

【 関連記事 】

スマート街路灯(スマートポール) リーフレット発行のお知らせ

 

MENU