施工例

東京都西新宿 都庁前 スマートポールtype1

納入事例

世界一の乗降客数を誇る巨大ターミナル新宿駅の西口から中野区との区境あたりまでの地域が西新宿エリアと呼ばれています。

日本屈指のビジネス街でありながら外国人観光客も多く、宿泊・教育・医療など多様な都市機能が集積しています。

東京都は2019年8月に策定した「TOKYO Data Highway 基本戦略」で西新宿エリアを重点整備エリア
と位置付けスマート街路灯を設置することとなりました。

弊社は日本電気株式会社(NEC)様、住友商事株式会社様より依頼を受けて、スマート街路灯の筐体部の設計・製作をしました。

 

スマートポール(スマート街路灯)

スマート街路灯はNECグループのAIを活用したカメラ画像解析技術により通行人数、年代、性別などを分析することが可能です。

サイネージ画面では通行者への案内情報を表示しています。

フリーWiFiやUSB給電ポートも搭載しています。

カメラで撮影した映像は保存することなくAI解析後に即時廃棄するプライバシーに配慮した仕組みとなっています。
スマートポールの設置や運用の知見、解析データを蓄積することで、将来的には都内全域に展開される予定です。

スマート街路灯の筐体部は、日本街路灯製造(株)で製作。
都のイメージするスマート街路灯と製品仕様に基づいて設計から加工、塗装、組立、検査までを
一貫して生産するワンストップ体制でお引き受けしました。

 

納入器具

スマート街路灯 筐体部 - 1基

 

 

 この記事に関連した事例をみる


東京都西新宿エリア 都庁前 スマートポール(タイプ2)

 

 この記事と類似の事例をみる

お問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ

  • 本社(代表)

    (052)681-2181

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせはこちら

    本社(代表)

    (052)681-2181

    お問い合わせフォーム

    MENU