施工例

大阪府大阪市 南久宝寺町通り

納入事例

大阪市中央区にある南久宝寺は、江戸時代より日用品や装飾品などの小間物屋などが集まっていた「商いの町」です。

現在も衣料品・カバン・帽子・手芸用品などを扱う問屋が集まっている全国で有数の問屋街の一つで、歴史情緒や問屋街の活気を感じることができます。

この南久宝寺の問屋街を束ねる大阪久宝寺町卸連盟様は屋外を歩いて店間を移動しショッピングするオープンモール化を進められており、この一環として株式会社Fujitaka様を通して、HS-556型街路灯を36基採用頂きました。


HS-556型 照明灯

まちの景観にしっくりなじむダークブラウンの街路灯。
圧迫感のないシンプルでスリムなフォルムが街に溶け込んでいます。
大阪市久宝寺
フラッグは振れ止め金具を付けているので、なびき過ぎやポールへの巻きつきを防止し、いつでも安定した状態を保ちます。

大阪市久宝寺


 

納入器具

HS-556型街路灯 - 36基



 この記事と類似の事例をみる

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

本社(代表)

(052)681-2181

お問い合わせフォーム

MENU