日頃お世話になっている
団体・関連会社の
リンク集です

当社が支援している
市民運動サイトです
採用情報
設計デザイン
◆デザイナー伊藤綾音(入社3年)の一問一答
Q.「街路灯デザイン」って、どんな仕事?
A.各支店の営業から、電話やFAXで「形と色はこんな感じで、これくらいの高さの街路灯をデザイン画にしてよ」と、荒削りな情報や希望が伝えられ、それを元にCGやイラストレーターソフトで“姿図”を起します。現地の写真が添えられる場合は、周辺環境を踏まえた上でデザインできますが、ほとんどの場合、最初はおおよその雰囲気からのスタートですよ。まずはデザイン案を出して、そこから設計担当者に相談しながら概算の見積りを出し、受注に近づく商談になれば細かい修正を加え、色パターンを作ったり仕様を決め機能計算したり…。斬新な発想やアイデアも大事ですが、独りよがりなデザインではダメ。街路灯は法規制や美観にも関係しますし、お客様や営業の要望や好みも無視できませんね。
Q.入社後、何から始めた?
A.こんな照明があったらいいなーと勝手に想像して、いくつかデザイン画を描きました。製造現場は、さらっと見学しただけです。その後、先輩に教わりながらパソコンによるカラー図の書き方、3Dソフトの使い方、仕事の流れを覚えていきました。
Q.仕事のどこが面白い?
A.自分が描いたデザインが実際に形になって、長い間、街の風景の一部として存在し続けるところ。完成した製品の写真を営業が見せてくれた時は「本当に建っているんだなー」って感動しますね。




▼MBS「おとな会」にて紹介された映像です。
 (掲載許可をいただいた部分のみの抜粋です)


ある日のスケジュール
▲ ページTOPへ ▲